ふたえ整形

ふたえ整形は調べてから手術を決断!

女性

目元でその人の印象が大方決まると言っても過言ではありません。その為、大阪ではふたえ整形を考えている人は少なくないかと思われます。しかし目は大切な器官の一部ですから、手術に踏み切るにはしっかりとした知識を持った上でちゃんとしたドクターに施してもらう必要があります。今回は簡単に大阪のふたえ整形に関してまとめてみました。
まず、ふたえ整形といえばまぶたの整形を思い浮かべる人が多いかと思いますが瞼だけでなく目頭切開、目尻切開、たれ目にする、眼瞼下垂手術の5種類があげられます。一番メジャーなのは二重瞼にする事です。これには瞼に糸を通して筋肉と皮膚を連結させる埋没法と、瞼を2.5~3㎝切ってくっつける切開法があります。切開法も部分切開と全切開があるので興味がある人は調べてみて下さい。
埋没法は人気で満足感も高く日本人の8~9割の人が行う方法と言われています。メリットは痛みと腫れが少なく手術時間が短いことです。切開法は強度が強く二重ラインが取れにくいことです。しかしながら切開法は腫れや内出血が酷く、徐々に目立ちにくくなりますが傷口が残るので術後は時間が取れ安静にできる必要があります。
大阪での費用としては埋没法が平均3~12万円で費用の差は糸の掛け方によって変わります。切開法は平均28万円と言われています。それぞれのメリット、デメリットを踏まえて自分でもしっかり調べてカウンセリングを行い、ふたえ整形を行いましょう。

二重になって新しい自分に

生まれ持って一重に生まれた人は、一度はぱっちり二重に憧れると思います。二重への願望は、思春期になるにつれて増し、アイプチや目細工などで二重にしてみたりする人も沢山いると思います。女性は化粧をすれば二重になれますが、元から二重の人よりも時間もかかります。
そんな大阪の一重の人でも手軽に二重になれる方法は、プチ整形で二重にすることです。大阪のふたえ整形にも様々な種類があり、埋没法・切開法などがあります。埋没法は、目の裏から軟骨に糸で縫い二重の線をつけ二重瞼にする方法です。これは片目5万円ほどででき手軽にできます。糸で縫っているだけで切開はしていないので腫れも1週間程度でひき、女性の場合は化粧も出来るので両目ともやることも可能ですが、人目が気になる人は片目ずつ眼帯をしてやることも可能です。
埋没法の難点は半永久制でもつ人は一度のふたえ整形で持ちますが、脂肪がついたり太ったりなどすると元の一重に戻ってしまう可能性もあることです。埋没法で一重に戻ってしまった人は、切開法でメスを入れる方法です。埋没法と違いメスを入れるので、術後の腫れは長引きます。1週間程度したら抜糸に行く必要もあるので手間はかかりますが、憧れのぱっちり二重を手に入れることができます。
金額は片目10万ほどと埋没法より高いですが、一度大阪でふたえ整形すれば二重でいられるので、アイプチなどを一生やり続けることを考えたらコスパにも良いので整形する方がいいと思います。

ふたえ整形手術について

大阪ではふたえ整形手術について最近はふたえ整形についてかなり理解が増えてきて、簡単に、なおかつ早く、費用も安い、何度も出来るみたいな文言をよく聞きますね!いわゆるプチふたえ整形ですね!海外では親御さんでも子供に進める場合もあるようです。大阪の二重の種類についてですが奥二重、浅めの二重、深めのはれぼったい二重、ぱっちり二重、色々あります。
まず、自分がどの二重に当てはまるかよく観察して知る必要があります。二重の手術ですが、種類も色々あり、1点留め、2点留め、3点留め、切開法となります。費用もやはりが一点留めが1番安く、いわゆるプチ整形値段とゆうものだとおもいます。
そして少しずつ瞼を縫って留める箇所が増えるにつれ、自然に見えるし、且お値段もあがります。
1点留めは約1万円2点留めは約1万五千円3点留めは約2万5千円切開は約5万円だったと思います。値段はやはり安く済ませたい!と思う方が多いとは思いますがやはりカウンセリングをして、二重のタイプやどのような二重になりたいかで手術方法は変わります。
留める点が少なければ手術も早く終わりますし、目が腫れたりするんですがその期間も人によりけりですが少なくて済みます。普通の生活をおくるのに大体大阪のお医者さんは3日もすればといいますが最低5日はみておいてほしいのが現実ですね。腫れだったり目やにだったり、違和感がなくなると思います。


いろんな情報が交錯しているので、ふたえの整形はどうするべきかわからないという方もいるでしょう。そんな方にはふたえ整形を行っている大阪のクリニックがおすすめです。専門知識を有している先生がしっかりとした説明のうえ、ふたえ整形を行ってくれるので安心感が桁違いですよ。